あなたは359983人目の訪問者です。
                                                     SINCE12/12/2014
県立寒河江高等学校
       
トップに戻る
交通アクセス
お問い合わせ
県立寒河江高等学校
 

武田悟 前校長のメッセージ

                     


              ご挨拶


山形県立寒河江高等学校
第31代校長 武田 悟

本校は、1921(大正10)年、県下7番目の旧制中学校として誕生した山形県立寒河江中学校を前身とします。

創立以来、校章の「山査子(さんざし・メイフラワー)」が象徴する教育目標「遠大な開拓者精神と溌剌とした自由の精神を基盤に、質実剛健と気品清純の気風」を継承発展させながら、地域のリーダーたる人材育成の場として歴史を重ね、今年で93周年を迎える伝統校です。卒業生は2万4千名を数え、国内外の第一線で活躍する人材を輩出しています。

また、本校は霊峰月山と村山盆地を一望できる松の緑豊かな長岡山の丘陵地(長陵)にあります。春の見事な桜に始まる四季折々の自然に囲まれた素晴らしい環境は他に類をみません。

大半の生徒は大学進学を目指していますが、文武両道の伝統の下、熱心に部活動と日々の学習に取り組んでおり、毎年国公立大学や私立大学に多くの合格者を出しています。

本校は、これまでも、時代の変化や社会の要請に応え、様々な変革を経て現在に至っていますが、さらなる学習指導の充実を図るべく、平成25年度から単位制普通科高校として新たな歩みを始めました。

あわせて、「革新する学びと力 寒高」をスローガンに掲げ、社会の変革をリードする人材育成を目指し、本校教育への信頼をさらに高める努力を決意したところであります。

これまで諸先輩方が築き上げてこられた輝かしい歴史と伝統を継承するとともに、来る創立百周年に向け、新たな伝統を築き上げるべく、生徒教職員一丸となって邁進したいと思います。

 
寒河江高等学校基本情報
copyright (c) 2014 Sagae High School. All Rights Reserved.